2016年07月09日

腰痛対策クッション

腰痛対策、いろいろありますよね、みなさんいろんな腰痛対策をお考えなのではないかと思います。ストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)や体操で筋肉を柔らかくすることでたり、病院で電気治療や牽引治療をしてもらうか、ベルトやマットレスなどの腰痛対策グッズをお使いの方も多い事でしょう。

でも、一度腰痛に見まわれると、中々完治してくれないもので、下手をすると、益々悪化させる一方になってしまうそうです。今の季節はまだましですが、冬場になると筋肉が堅くなるので、それまでに何とか上手な腰痛対策を見つけ出し、わずかでも改善しておきたいですよね。

腰痛に悩まれる人の多くは、筋肉疲労や血行不良、或は、骨格の歪みなどが原因だと言われています。ですから、妊娠などの体への急激な負担が要因でない場合の腰痛対策は、ある程度共通で、まずはそれらの原因を除外する事が大事と言う事なのですね。

血行不良を始め、こうした要因には、やはり日頃の運動不足が大きく関わっているのは確かみたいです。でも、スポーツ選手だって腰痛に悩まされて、色々な腰痛対策を取っていらっしゃいますよね。

腰痛対策なんて必要であるさそうな健康優良児のスポーツ選手でも、腰痛対策が必要と言う事は、ただ単に運動不足だけが腰痛の原因と言った訳ではなさなのですね。事実、腰痛対策だといって、ストレッチや体操をしたために、余計に痛みが増し、歩けなくなたという人も少なくないことでしょう。

ではでは、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)や筋肉疲労、あるいは骨格の歪みなどは、何故起るのでしょうか。それが解れば、ある程度的確な腰痛対策も見えて来るのではないかと思って、調べてみました。

すると、筋肉疲労(筋肉疲労が起こるメカニズムはまだはっきりとはわかっていないようです)や血行不良は、同じ姿勢を長時間取り続ける事によって、また、骨格の歪みは、日頃の姿勢の悪さが招く事が多いという事が判明。と言う事は、姿勢を見直すことこそが、腰痛対策の第一歩でしょうね。

でも、姿勢を見直すといってねぇ、近頃は一日中座りっぱなしという人も多いのではないでしょうか。となると、やはり座る際の姿勢を考えるのが、最も手軽な腰痛対策と言う事なんです。そういう事のだそうです、クッションを使って居る人が多いのは・・・。

でも、本当にクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)を使う事が、腰痛対策に繋がるのでしょうか。

腰痛対策の為にクッションの使用は、とても良い事なとなるのですが、問題は腰痛対策のクッション(中に詭められた素材によって、感触や座り心地も変わってきます)の素材。本当の腰痛対策クッションの多くは、低反発のウレタンを使用しているそうですね。

柔らかいクッションというのは、座り心地はいいように見えるものの、腰痛を助長しかねないのだそうです。
その点、低反発のウレタンだと、体の浮き沈みをゆっくりと繰り返すので、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)が分散され、衝撃も吸収されますから、立派な腰痛対策になる訳ですね。

ウレタンと言う素材は、NASAがロケットを打って上げる際に、乗組員の衝撃を緩和させるために開発したクッション素材だそうですよ。そんな最新技術のクッションで腰痛対策が可能でれば、なんだかすごい効果が得られそうな気はします。

低反発のウレタンを使ったクッションだからと言って、必ずしも高価な品ばかりではないものです。中にはお手頃価格の腰痛対策クッションも、沢山市販されています。腰痛を取り上げたブログ(ふとしたきっかけでコメント欄が炎上してしまうこともよくあるものです)やサイトでは、いろんなクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)のいろいろな特徴を紹介してくれていますから、購入時のかなりいい参考になると思いますよ。皆様も、是非ご自身の腰と財布にあったクッションを見付けて、快適な腰痛対策に勤しみるのがお勧めです。
posted by 腰の痛み at 16:34|