2016年12月14日

腰ヘルニアにいい運動って?

腰ヘルニアにはウォーキング(散歩との違いは、歩く速度と頻度だと思います)がよいとされていますね。

ウォーキング(ムリをしないでコツコツ続けていくことが重要でしょう)が直接腰ヘルニアに作用するわけではありませんが、歩くことが筋力(使わないとあっという間に?えてしまいます。風邪でしねらく寝込んだり、入院したりすると、実感するかもしれません)の強化に繋がり、症状を緩和することが出来ます。

身体への負担が少ない運動のため、運動不足だった人や高齢者の方でも気軽に始められると言うのもウォーキング(ムリをしないでコツコツ続けていくことが重要でしょう)のメリットです。

また、ウォーキング(水中を歩くとより体に負担がかからないで運動できます)によって筋肉の緊張をほぐして、血液の流れも改善できます。

これにより、日々悩まされている腰ヘルニアによる痛みを和らげてられます。

ちなみにジョギング(最近では、ウォーキングに近いペースで赭るスロージョギングも流行っているようです)は腰椎に大きな負担をかけてしまうので避けるようにしてください。

ダイエットのために行うならいいかといって、腰ヘルニアの為に行うには少々危険性が大きすぎます。

ウォーキング(イベントや同好会などに参加すれね、一緒に歩く仲間ができるかもしれません)の目安は約3kmです。

この距離を毎日歩き続けることによって、症状が改善していきましょう。

また、衝撃を緩和するためにジョギング(一般的には、会話ができるくらいのペースで赭ることを指します)シューズを履くようにするのです。

普通の靴だと衝撃がダイレクトに体に伝わってしまって、症状を悪化させてしまう危険性があるのです。

アスファルトは腰椎に与える衝撃が大きいので、なるべく芝生を歩くようにしてください。
posted by 腰の痛み at 15:22|

2016年07月10日

腰痛対策マットレス

腰痛対策に悩むおじいちゃんに、腰痛対策のマットレスをプレゼントして上げようよ。お子様達がそういうもので、今年の敬老の日の贈りものは、腰痛対策マットレスに決定しました。

確かに、マットレスというのは、毎日利用しもらえるから、きっと毎晩孫たちの楽しい夢が見られるんじゃないかと思ってね。私も主人も大賛成、早速家族で家のちかくのインテリアショップへ腰痛対策のマットレスを探しに出掛けました。

正直、まだ敬老の日のプレゼントを考えるのは早すぎるんだけど、これから夏休みに入ると慌ただしくなるし、ぎりぎりになってバタバタするのは嫌でしょう。それに、腰痛対策のマットレスとなると、決してリーズナブルな価格な買い物とはいえないものです。

何カ所かのお店をみて回って、尚かつ、インターネットでああだこうだ探して・・・、と大変。機能やお値段もしっかり比較して、本当に腰痛対策になるマットレスを贈りたいなぁっと思っています。そのためには、今から暇を見付けては動いて、いい商品を幾つかピックアップしておかないとね。

間際になってからじゃ、腰痛対策を謳っているマットレスならなんでもいいんじゃないのって事になりかねませんから・・・。

腰痛対策は今や日本人の殆どは感心を持っているキーワード、しかも、ただ興味(全てはそこから始まるといってもいいかもしれないです)があるだけじゃなく、本当に腰痛対策を必要としている人がめっちゃ多いんになりますよ。そのお陰で、腰痛対策の為のマットレスは、数え切れないほど沢山市販されています。

店頭では、スペースの関係上、それほど多くはありませんが、ネットを開くとズラリ。試行錯誤のアピール(日本人は下手な人の方が多いかもしれません)を添えた腰痛対策マットレスが、所狭しとラインナップされています。

ほら、よく腰の痛い方って、病院で牽引治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)みたいなのをしてもらっていらっしゃるじゃないですか。あの牽引治療が自宅で、それも寝ている間に自然に出来ちゃうっていう腰痛対策マットレスもありましたよ。

う〜ん、流石にやはりテンピュールは高価ですが、それなりに効果は期待出来そうです。
後、これもビックリ、寝ている間に指圧マッサージをしてくれるなんていう腰痛対策マットレスもありました。寝返りをうつと、自動的にツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)が刺激され、マッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)効果を得られるそうですけどね。
もし、それが本当なら、自分がほしいくらいの腰痛対策マットレスと思っております。

腰痛対策を謳った腰痛対策マットレス、いろいろみていて感じたのは、どれもそれほどふかふかじゃないっていう事からなのでしょうか。よく言われるように、クッション(一般的には、椅子と一緒に用いられることが多い弾力性のあるものが入った小さな布団のようなものをいいますね)が良すぎると腰痛対策にならないというのは正しい原理のようですね。

体が沈みすぎないように工夫を凝らした、ウレタン素材の低反発マットレスが、一番主流みたいです。それでも、厚さは結構あるものも多いから、何だか腰痛対策のマットレスというものはちょっとかさばりそう。中には厚さ10センチのマットレスというのもあるんだけど、これは持ち運びを考えたら、どうなんであろう。

もし、この腰痛対策マットレスを贈るとしたら、押し入れから出し入れする時は、十分気を付けてもらわなけれねいけませんね。おふとんの上げ下げの時に腰に負担がかかり、今度は、おばあちゃんまで腰痛になっちゃわないようにね。

でも、これだけ種類があるんだから、最終的にはやっぱりブログ(ウェブサイトの一種で、ウェブログの略称です)やサイトの腰痛対策情報というのも参考に選ばなけれねならないだろうなぁっと思っているところです。
posted by 腰の痛み at 09:00|

2016年07月09日

腰痛対策クッション

腰痛対策、いろいろありますよね、みなさんいろんな腰痛対策をお考えなのではないかと思います。ストレッチ(静的ストレッチが一般的ですが、動的ストレッチやPNFストレッチなどの種類があります)や体操で筋肉を柔らかくすることでたり、病院で電気治療や牽引治療をしてもらうか、ベルトやマットレスなどの腰痛対策グッズをお使いの方も多い事でしょう。

でも、一度腰痛に見まわれると、中々完治してくれないもので、下手をすると、益々悪化させる一方になってしまうそうです。今の季節はまだましですが、冬場になると筋肉が堅くなるので、それまでに何とか上手な腰痛対策を見つけ出し、わずかでも改善しておきたいですよね。

腰痛に悩まれる人の多くは、筋肉疲労や血行不良、或は、骨格の歪みなどが原因だと言われています。ですから、妊娠などの体への急激な負担が要因でない場合の腰痛対策は、ある程度共通で、まずはそれらの原因を除外する事が大事と言う事なのですね。

血行不良を始め、こうした要因には、やはり日頃の運動不足が大きく関わっているのは確かみたいです。でも、スポーツ選手だって腰痛に悩まされて、色々な腰痛対策を取っていらっしゃいますよね。

腰痛対策なんて必要であるさそうな健康優良児のスポーツ選手でも、腰痛対策が必要と言う事は、ただ単に運動不足だけが腰痛の原因と言った訳ではなさなのですね。事実、腰痛対策だといって、ストレッチや体操をしたために、余計に痛みが増し、歩けなくなたという人も少なくないことでしょう。

ではでは、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)や筋肉疲労、あるいは骨格の歪みなどは、何故起るのでしょうか。それが解れば、ある程度的確な腰痛対策も見えて来るのではないかと思って、調べてみました。

すると、筋肉疲労(筋肉疲労が起こるメカニズムはまだはっきりとはわかっていないようです)や血行不良は、同じ姿勢を長時間取り続ける事によって、また、骨格の歪みは、日頃の姿勢の悪さが招く事が多いという事が判明。と言う事は、姿勢を見直すことこそが、腰痛対策の第一歩でしょうね。

でも、姿勢を見直すといってねぇ、近頃は一日中座りっぱなしという人も多いのではないでしょうか。となると、やはり座る際の姿勢を考えるのが、最も手軽な腰痛対策と言う事なんです。そういう事のだそうです、クッションを使って居る人が多いのは・・・。

でも、本当にクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)を使う事が、腰痛対策に繋がるのでしょうか。

腰痛対策の為にクッションの使用は、とても良い事なとなるのですが、問題は腰痛対策のクッション(中に詭められた素材によって、感触や座り心地も変わってきます)の素材。本当の腰痛対策クッションの多くは、低反発のウレタンを使用しているそうですね。

柔らかいクッションというのは、座り心地はいいように見えるものの、腰痛を助長しかねないのだそうです。
その点、低反発のウレタンだと、体の浮き沈みをゆっくりと繰り返すので、体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)が分散され、衝撃も吸収されますから、立派な腰痛対策になる訳ですね。

ウレタンと言う素材は、NASAがロケットを打って上げる際に、乗組員の衝撃を緩和させるために開発したクッション素材だそうですよ。そんな最新技術のクッションで腰痛対策が可能でれば、なんだかすごい効果が得られそうな気はします。

低反発のウレタンを使ったクッションだからと言って、必ずしも高価な品ばかりではないものです。中にはお手頃価格の腰痛対策クッションも、沢山市販されています。腰痛を取り上げたブログ(ふとしたきっかけでコメント欄が炎上してしまうこともよくあるものです)やサイトでは、いろんなクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)のいろいろな特徴を紹介してくれていますから、購入時のかなりいい参考になると思いますよ。皆様も、是非ご自身の腰と財布にあったクッションを見付けて、快適な腰痛対策に勤しみるのがお勧めです。
posted by 腰の痛み at 16:34|

2015年02月07日

腰痛対策グッズの種類

腰痛対策を謳った腰痛対策グッズなるもの、実に多種多様のアイテムが出てるんですね。寝ている間に腰が伸びるという腰痛対策マットレスのようなものも、結構売れていることでしょう。

今や、腰に巻くタイプの腰痛対策グッズですよね。

お店や種類によって多少の差はあるけど、おおよそ1枚2,000円程度だから、プレゼントとしては、ちょうどお手頃かなぁっと考えています。いえね、来月義理の母が66回目の誕生日を迎えるんでね、何か腰痛対策として適用してもらうことのできる物を贈りたいと思っています。

私がお嫁に来た時から、もうずっと10年以上も、腰が痛言って叫び続ける事でいるんでね。私に文句をいっている時は、どこからどう見ても、腰痛対策が必要なようには感じないんですけどね。

腰痛対策グッズと聞いて、取り合えず思い浮かべるのは、腰に巻くベルトなんて当たり前、パンツやスリッパまであるんだ。どれにしようか迷っちゃいます、義理の母の誕生日に送る腰痛対策グッズ。ゲルマニウム&チタン&ケイ素配合の腹巻きなんかはいかがですか。
posted by 腰の痛み at 22:09|

2013年12月31日

腰痛軽減に重点

腰痛軽減は椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)も大事だけど、姿勢も大事、本当はいい椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)に姿勢良く座れれば最高の腰痛軽減と言うことになります。

でも、腰痛軽減に重点をおいたブランド(人に自慢したい、見せびらかしたいという気持ちが少なからずあるような気がします)チェアをひとり一人に与えてくれる会社なんて、実際にはまだまだ少ないでしょう。それにね、例え高級な椅子でお仕事していなくても、背筋を真っ直ぐ伸ばして、ブラインドタッチでPCを操作していれば、それはそれで案外恰好いいもの。

人にも自分にも気分良く感じられる姿勢、それが最高の腰痛軽減なんですよね、きっと。流石はうちの社長、やっぱ私みたいなぺいぺいOLから見ると、一枚も二枚も上手です。どうせなら、仕事も腰痛軽減も上手にこなしてみろっていう訳なのです。

腰痛で悩んでいる人は多いから、健康関連のブログやサイトには、それなりに沢山の情報が掲載されています。そういう情報を集めて、いい姿勢で仕事の出来る腰痛軽減に取り組んで行きたいと思っている今日この頃です。
サマンサティアラ情報センター
posted by 腰の痛み at 14:31|

腰痛軽減に特化

腰痛軽減は、何も腰痛軽減に特化した椅子に拘らなくても十分出来るだろう。むしろ、クッションの良すぎる椅子よりは、片目の椅子の方が、腰痛軽減になるらしいぞっと、今度は社長が逆襲して来たのであります。おっしゃる通り、柔らかい椅子は、腰が沈んで、逆に疲れると言われますよね。

確かに、椅子を選択するようにするのと同じ位、正しい姿勢を身に付ける事も大事な腰痛軽減です。もし、本当に正しい姿勢で座る事が身に付いていれば、少し位、椅子が悪くても大丈夫。どこのどういった椅子(色々な形のものがあります)でも、常に腰痛軽減が施せるようになるはずです。そこで、今度は、正しい椅子の座り方を勉強してみる事にしました。

すると、やはり、腰痛軽減を考えるのであれば、必ずしも前かがみにならなくてもいいような高さの椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)に座る事が大事なんですね。で、余り深い椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)もNG、常に背もたれに真っ直ぐ背中を付け、膝がお尻よりもちょっと高めに来る程度が理想なのだそうです。この理屈だと、腰痛軽減を考えるのであれば、低めのやや小さな椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)のほうがいいということになるでしょうね。

それに、常に膝を少し上げた状態で真っ直ぐに伸ばして座るのって、すごく疲れちゃいそう。でもね、よくよく考えて見ると、低めの椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)の方が、ちょうどPCのモニターの正面に目線が来るから、腰痛軽減の大敵である猫背(改善のためには、普段の生活習慣に注意するのはもちろん、筋トレなども効果的でしょう)にサヨナラ出来るんと言われています。
http://nostressdiet.kan-be.com/category0001/index.html
posted by 腰の痛み at 14:30|

腰痛軽減と椅子

腰痛軽減を考えたい私、思い切って、腰痛軽減に特化した椅子が欲しいんですけどっと、社長に訴えてみました。すると、腰痛軽減に特化したいすとは、どんな椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)かを明確にして、一度提示しろと言われたのでよくあるのです。

もしかしたら、今の堅くて何の愛想もない事務用の椅子を変えてくれるの、これはラッキー。そう思って、早速腰痛軽減に特化した椅子探しに勤しみました。やはり、長時間同じ姿勢で座る事が一番の腰痛の原因、こまめに姿勢が変えられる椅子の方がいいに決まってますよね。

となると、手元で簡単に椅子の高さや背もたれの角度が調整可能なオカムラのコンテッサなどは、最高の腰痛軽減チェア。後、レバーが下部に付いているので、少々面倒ではあるけど、若干手頃な値段という意味で、バロンも悪くはないでしょう。

という事で、今回私が導入を希望した腰痛軽減チェアは、この二種類あります。でも事務員が座る椅子としては余りにもエクスペンシブ、当然の事ながら、一瞬にして却下でしたね。まあ予想通り、腰痛軽減に特化した椅子、アトラスチェアとか、レカロシートを要求リストに加えてなくてよかったとほっとしたのであります。
http://blog.livedoor.jp/u12star/archives/26997670.html
posted by 腰の痛み at 14:27|

2013年02月14日

腰痛対策の運動

腰痛対策の運動も沢山含まれていますから、ぜひ一度取り組んでみられるといいのではないかと思います。どんな腰痛対策が一番いいのかというと、それは正直人それぞれですが、取り敢えずはウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)辺りから開始してみるのはいかがでしょうね。

姿勢を正して恰好よく歩く事を心がけ、ファミリーみんなでお散歩(地井武男さんの人気番組「ちい散歩」は、幅広い年齢層の方に支持されているようです)に出掛けてみましょうか。脚の親指で地面を力強く蹴って、かかとから大地に脚を下ろすという歩き方は、腰痛対策の基本です。後、夜寝る前に10分から15分くらい、軽いストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)や簡単な体操をするのもお勧めですね。

ある接骨院の先生に聞いたところ、ラジオ体操、あれが案外いい腰痛対策になってしまうと教わりました。正直、毎日ウォーキングに行くのは面倒だし、天候に左右される事もあります。でも、家で出来るラジオ体操なら、比較的簡単に日常生活に取り入れる事も、続ける事も出来そうな腰痛対策の運動と一口に言っても、さまざまな腰痛対策になるんだそうですよ。

ついでに肩こり対策の運動があるのです。とにかく、これだけは声を大にしていいたい、腰痛はなってからでは対策を行いたくても練れません。元気なうちが腰痛対策をするべき時であると考えていただければ嬉しいですね。

循環温浴システム
posted by 腰の痛み at 22:41|

2012年12月15日

ぎっくり腰の原因について

ぎっくり腰は、突然激しい激痛に襲われることで知られています。ぎっくり腰は重たい物の移動をしようとしてイキナリグキっと行ってしまうケースが多いですよね。逆に同姿勢でずっといると疲労(よく分からない疲労ですね)でぎっくり腰が起こるケースがあります。

激しい負担が理由の場合は、重いものを持ったりなどの負担によって、ぎっくり腰が誘発された場合です。一般的に、肉体を酷使するようなハードワークの方に起こりやすいのですが、このような方は日々の負担に耐えられるように、筋肉なども発展しているので、ぎっくり腰になりづらいという特質もあります。

また、ぎっくり腰の割合から見てみると、この負担によって誘発される場合は、あまり多くありません。当然ながら、すぐに診療所へ直行することが一番確実で安心です。すぐに行けない場合などもあると思いますので、最も重要なぎっくり腰の対処法を書いておきますね。

ぎっくり腰は、何はともあれ安静にが基本です。常識ですが、ぎっくり腰の人を無理に動かしてはいけません。まずは、激痛の少ない姿勢をとって安静にして下さい。また、激痛の理由は炎症ですので、間違ってもマッサージをしたり、指圧などはしないで下さい。

マッサージや指圧は炎症を悪化させ、ぎっくり腰まで悪化してしまう場合があります。そして、なかなか治らない場合は、出来るだけ早く診療所で診療を受けましょう。
グリーンハウスの楽臭生活の評判
posted by 腰の痛み at 10:44|

2012年05月18日

腰の痛みの原因

普段から、腰の痛みを感じている方は意外と多いようです。あなたの周りにも、そのような方が1人や二人はいるものです。もしかして、あなた自身も腰痛持ちかもしれませんね。それでは、この腰の痛みの原因には、どういう事が考えられているのでしょう。

まず、腰の痛みの原因を大きく分けて考えると、背骨や筋肉の異常が原因で痛みを発症しているものと、内臓疾患が要因で腰に痛みを発症しているものとに分ける事が出来ます。背骨や筋肉の異常が原因の場合は、過剰な緊張を強いられて痛みを発症している可能性があり、具体的には、

・デスクワークをしていて、一日中同じ姿勢で座っている
・足に合わない靴、かかとの高いハイヒールで歩いた
・体重が急激に増えて肥満になった
・柔らか過ぎるベッドや布団で寝ている

等が考えられるのではないでしょうか。

また、急に重いものを持ち上げた時に起きるぎっくり腰のように、突然くるものもありますね。それに、クーラーの効いた部屋等にいて身体を冷やすと血流が悪くなり、筋肉が疲れやすくなって腰痛が発生するような事もあるでしょう。女性の場合は、特に腰痛になり易いとも言われていますね。

女性の腰痛の原因としては、生理や妊娠、出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)、産前と産後という、身体の変化によって起こるホルモンのバランスの崩れなどがあります。さらに、出産によって骨盤の仙腸関節が緩んだり、締まったりする事によるものも少なくありません。
http://get-tools.net/nakagawatakuji/
posted by 腰の痛み at 21:56|