2013年12月31日

腰痛軽減に特化

腰痛軽減は、何も腰痛軽減に特化した椅子に拘らなくても十分出来るだろう。むしろ、クッションの良すぎる椅子よりは、片目の椅子の方が、腰痛軽減になるらしいぞっと、今度は社長が逆襲して来たのであります。おっしゃる通り、柔らかい椅子は、腰が沈んで、逆に疲れると言われますよね。

確かに、椅子を選択するようにするのと同じ位、正しい姿勢を身に付ける事も大事な腰痛軽減です。もし、本当に正しい姿勢で座る事が身に付いていれば、少し位、椅子が悪くても大丈夫。どこのどういった椅子(色々な形のものがあります)でも、常に腰痛軽減が施せるようになるはずです。そこで、今度は、正しい椅子の座り方を勉強してみる事にしました。

すると、やはり、腰痛軽減を考えるのであれば、必ずしも前かがみにならなくてもいいような高さの椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)に座る事が大事なんですね。で、余り深い椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)もNG、常に背もたれに真っ直ぐ背中を付け、膝がお尻よりもちょっと高めに来る程度が理想なのだそうです。この理屈だと、腰痛軽減を考えるのであれば、低めのやや小さな椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)のほうがいいということになるでしょうね。

それに、常に膝を少し上げた状態で真っ直ぐに伸ばして座るのって、すごく疲れちゃいそう。でもね、よくよく考えて見ると、低めの椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)の方が、ちょうどPCのモニターの正面に目線が来るから、腰痛軽減の大敵である猫背(改善のためには、普段の生活習慣に注意するのはもちろん、筋トレなども効果的でしょう)にサヨナラ出来るんと言われています。
http://nostressdiet.kan-be.com/category0001/index.html
posted by 腰の痛み at 14:30|

腰痛軽減と椅子

腰痛軽減を考えたい私、思い切って、腰痛軽減に特化した椅子が欲しいんですけどっと、社長に訴えてみました。すると、腰痛軽減に特化したいすとは、どんな椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)かを明確にして、一度提示しろと言われたのでよくあるのです。

もしかしたら、今の堅くて何の愛想もない事務用の椅子を変えてくれるの、これはラッキー。そう思って、早速腰痛軽減に特化した椅子探しに勤しみました。やはり、長時間同じ姿勢で座る事が一番の腰痛の原因、こまめに姿勢が変えられる椅子の方がいいに決まってますよね。

となると、手元で簡単に椅子の高さや背もたれの角度が調整可能なオカムラのコンテッサなどは、最高の腰痛軽減チェア。後、レバーが下部に付いているので、少々面倒ではあるけど、若干手頃な値段という意味で、バロンも悪くはないでしょう。

という事で、今回私が導入を希望した腰痛軽減チェアは、この二種類あります。でも事務員が座る椅子としては余りにもエクスペンシブ、当然の事ながら、一瞬にして却下でしたね。まあ予想通り、腰痛軽減に特化した椅子、アトラスチェアとか、レカロシートを要求リストに加えてなくてよかったとほっとしたのであります。
http://blog.livedoor.jp/u12star/archives/26997670.html
posted by 腰の痛み at 14:27|

2013年02月14日

腰痛対策の運動

腰痛対策の運動も沢山含まれていますから、ぜひ一度取り組んでみられるといいのではないかと思います。どんな腰痛対策が一番いいのかというと、それは正直人それぞれですが、取り敢えずはウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)辺りから開始してみるのはいかがでしょうね。

姿勢を正して恰好よく歩く事を心がけ、ファミリーみんなでお散歩(地井武男さんの人気番組「ちい散歩」は、幅広い年齢層の方に支持されているようです)に出掛けてみましょうか。脚の親指で地面を力強く蹴って、かかとから大地に脚を下ろすという歩き方は、腰痛対策の基本です。後、夜寝る前に10分から15分くらい、軽いストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)や簡単な体操をするのもお勧めですね。

ある接骨院の先生に聞いたところ、ラジオ体操、あれが案外いい腰痛対策になってしまうと教わりました。正直、毎日ウォーキングに行くのは面倒だし、天候に左右される事もあります。でも、家で出来るラジオ体操なら、比較的簡単に日常生活に取り入れる事も、続ける事も出来そうな腰痛対策の運動と一口に言っても、さまざまな腰痛対策になるんだそうですよ。

ついでに肩こり対策の運動があるのです。とにかく、これだけは声を大にしていいたい、腰痛はなってからでは対策を行いたくても練れません。元気なうちが腰痛対策をするべき時であると考えていただければ嬉しいですね。

循環温浴システム
posted by 腰の痛み at 22:41|

2012年12月15日

ぎっくり腰の原因について

ぎっくり腰は、突然激しい激痛に襲われることで知られています。ぎっくり腰は重たい物の移動をしようとしてイキナリグキっと行ってしまうケースが多いですよね。逆に同姿勢でずっといると疲労(よく分からない疲労ですね)でぎっくり腰が起こるケースがあります。

激しい負担が理由の場合は、重いものを持ったりなどの負担によって、ぎっくり腰が誘発された場合です。一般的に、肉体を酷使するようなハードワークの方に起こりやすいのですが、このような方は日々の負担に耐えられるように、筋肉なども発展しているので、ぎっくり腰になりづらいという特質もあります。

また、ぎっくり腰の割合から見てみると、この負担によって誘発される場合は、あまり多くありません。当然ながら、すぐに診療所へ直行することが一番確実で安心です。すぐに行けない場合などもあると思いますので、最も重要なぎっくり腰の対処法を書いておきますね。

ぎっくり腰は、何はともあれ安静にが基本です。常識ですが、ぎっくり腰の人を無理に動かしてはいけません。まずは、激痛の少ない姿勢をとって安静にして下さい。また、激痛の理由は炎症ですので、間違ってもマッサージをしたり、指圧などはしないで下さい。

マッサージや指圧は炎症を悪化させ、ぎっくり腰まで悪化してしまう場合があります。そして、なかなか治らない場合は、出来るだけ早く診療所で診療を受けましょう。
グリーンハウスの楽臭生活の評判
posted by 腰の痛み at 10:44|

2012年05月18日

腰の痛みの原因

普段から、腰の痛みを感じている方は意外と多いようです。あなたの周りにも、そのような方が1人や二人はいるものです。もしかして、あなた自身も腰痛持ちかもしれませんね。それでは、この腰の痛みの原因には、どういう事が考えられているのでしょう。

まず、腰の痛みの原因を大きく分けて考えると、背骨や筋肉の異常が原因で痛みを発症しているものと、内臓疾患が要因で腰に痛みを発症しているものとに分ける事が出来ます。背骨や筋肉の異常が原因の場合は、過剰な緊張を強いられて痛みを発症している可能性があり、具体的には、

・デスクワークをしていて、一日中同じ姿勢で座っている
・足に合わない靴、かかとの高いハイヒールで歩いた
・体重が急激に増えて肥満になった
・柔らか過ぎるベッドや布団で寝ている

等が考えられるのではないでしょうか。

また、急に重いものを持ち上げた時に起きるぎっくり腰のように、突然くるものもありますね。それに、クーラーの効いた部屋等にいて身体を冷やすと血流が悪くなり、筋肉が疲れやすくなって腰痛が発生するような事もあるでしょう。女性の場合は、特に腰痛になり易いとも言われていますね。

女性の腰痛の原因としては、生理や妊娠、出産(人間の出産の場合には、分娩と表現することもあります)、産前と産後という、身体の変化によって起こるホルモンのバランスの崩れなどがあります。さらに、出産によって骨盤の仙腸関節が緩んだり、締まったりする事によるものも少なくありません。
http://get-tools.net/nakagawatakuji/
posted by 腰の痛み at 21:56|